兵庫県には日本最古(室町時代14世紀頃)の古民家箱木千年家(国の重要文化財)が保存されております。
先人達の知恵や技に学ぶべき点は多くあります。
現存する古民家の多くは天然素材を使っている為非常に長い耐久性を証明しております。この古民家を守り住む事で、地球にやさしい環境負荷の軽減に役立ちます。
古民家は長い歴史を経た価値の高い文化財です。私たちは古民家についての古民家鑑定をさせていただく事で、現在のコンディションが明確になり、古民家の修築、再生、活用の具体的提案もご希望によりさせていただき、古民家の素晴しい伝統と文化を未来の子ども達に残していきたいと思っております。是非お気軽にご相談頂きたいと思っております。

トピックス

最新活動報告

20161217兵庫県

更新日 2016年12月17日

例会を開催いたしました。

詳細は下記より議事録をご覧ください。

[ 議事録を読む ]  [ 例会の開催日程 ]

ブログ

2017/02/18かやぶき茶話会
2017/02/16古民家宿泊
2017/02/15古材の強度
2017/02/14古材鑑定
2016/12/13明治の洋館修繕で3カ月休館
古民家解體新書2